top of page
  • 執筆者の写真Chelsea

新作!キルトブラレット

更新日:2023年12月5日


新作ブラジャーのご案内です。

その名も「キルトブラレット」。

のびない下着屋ですので、もちろん伸縮素材はつかっていません。

さらには、スポンジも金具もプラ部品もつかっていません。



↑表も裏もリネン100%生地でつくったもの。年中スッキリさわやかな肌触り。

他にも色があります。リボンの色も選べます。




■■特徴■■



「ブラレット」は軽めの着け心地のノンワイヤーブラを指す一般的な名称ですが、

チェルシエ倉庫のキルトブラレットは、この「軽めの着け心地」に加えて、

「安定感」

「素敵な肌触り」

「お手入れのしやすさ」

「耐久性」

「フィッティングのしやすさ」を盛り込みました。


いろいろ欲張りでしょ。


ちなみに、「キルトブラ」はチェルシエ倉庫のブラシリーズのひとつで、カップ部分にコットンキルト芯を縫い付けてふわっと厚みを持たせているのがポイントです。

天然コットンなので、蒸れにくくてとっても快適。


キルト芯も全部、倉庫でミシンを踏んでつくっています。

カップの表側にはキルトおさえの縫い目が出ないようにしています。





厚みはバストトップの浮きを抑えるのに十分な程度にとどめています。

分厚くて乾きが遅いブラジャーは作りません。ので、サイズアップ感はないと思います。


カップ自体を立体的に縫い上げています。着けるだけできれいなバストシルエット!

別の成型パッドを入れる必要はありません。(というか、入れられません)





■■着け方■■



着け方は、前開き型の一般的なブラジャーとほぼ同じ。


ストラップに腕を通して、カップにバストを入れながら前でリボンを結びます。


リボンはアンダーのベルトの途中までつながっていて、ベルトにギャザーを寄せつつアンダーバストのフィット感を調節できます。

アンダーのひもの種類(太さ・数)はデザインやサイズによって異なります。


この調節の仕方が快適さの秘訣。


伸縮素材のブラは、生地自体が伸びてしまうのでアンダーがしっかり安定しません。

(それでも安定させようとすると胴がきつく締めつけられて苦しいし、

諦めてアンダーをゆるめにするとバストの重みを肩で支えることになって肩が凝る結果になります)


ですので「のびない」生地で苦しくない程度に紐で締めるフィッティングが一番!

だと、倉庫運営者は確信しています。



肩ストラップの調節は、スライドできる結び目をつかっておこないます。


金属やプラスチックの調節カン(部品)なしで長さ調節できて、肌に優しいです。

おまけに、部品で生地が傷むのも防いでくれます。



※着け方&お手入れ方法の説明書も一緒にお届けします※




■■サイズ■■



S、M、L、LLの4サイズ展開。

市販の一般的なワイヤーブラよりも自由度が高いデザインです。

カップサイズはアンダーバストとトップバストの差で選んでください。

アンダーバストは紐で調節でき、65~80㎝程度まで対応します。


S:(トップとアンダーバストの差)15㎝以下

M:(トップとアンダーバストの差)16~18㎝程度

L:(トップとアンダーバストの差)18~20㎝程度

LL:(トップとアンダーバストの差)20~21㎝程度


※トップバストとアンダーバストは「実寸」を測ってみてください。

※サイズで迷った場合は、大き目の方をおすすめします。


写真サンプルはSサイズのもの。

L、LLはベルトがもう少し太くなります。


↑柄物もあります。こちらは兵庫県の織物、播州織のコットンを表に使っています。

カップ裏側はリネン100%。








■■その他■■



【セット販売】

おそろいのパンツを同時注文で、パンツがとっても割引なります。

セットでどうそ!


※生地によって選べるパンツのデザインが異なります。

※生地の種類によっては、パンツセットができないものもあります。





Kommentarer


bottom of page