About

Chelseasouko ・チェルシエ倉庫って?

Chelseasouko (meaning Chelsea's warehouse) is an art studio in Kobe, western Japan. Named after a small warehouse Chelsea used as her first workroom.

​チェルシエ倉庫は神戸にあるチェルシーの活動拠点。チェルシーがかつてビルの屋上の倉庫物件で制作していたことに由来します。

About Chelseasouko

      チェルシエ倉庫について

チェルシエ倉庫は服飾作品を制作・発表・販売しているアトリエです。

デザイン・型紙製作・布選び、縫製まで全ての工程を手がけています。

チェルシエ倉庫では、

①体に負担の少ない衣服を

②地球環境に負担の少ない方法で

作って提供することを心がけています。

服は身体に一番近い外部環境。

からだの活動をなるべく邪魔しない素材と設計を考え、皮膚呼吸を妨げないよう絹や麻などの天然素材を選んでいます。

また、下着類には伸縮素材を使わず、体のしめつけを極力抑えています。

 

 

のびない下着」は、体にも環境にも優しい!

伸縮素材を使わない生地は、のびにくいため耐久性があり、買い替えの回数を減らすことができます。また、洗濯の度に環境汚染の原因となるマイクロプラスチックを排出することもありません

環境への配慮から、古い着物や古着などすでにある資源を使って今までにないデザインの衣服を作ることを意識しています。

世界はすでにモノであふれているのですから、新たな天然資源に頼りすぎることなく既存のモノを活用したものづくりをしていきたいと考えています

【いにしへの服研究】

 

「いにしへの服研究」は、チェルシエ倉庫のもうひとつの活動です。

衣服にゴムが使われだす以前の中世ヨーロッパの服作りや、洋装が始まったころの日本の洋服づくりを、理論・技術の両面から研究し、復元・再現を試みています。

国内外から書籍や現物を取り寄せていますが、あまりに楽しくてついつい没頭してしまいます。そうして得た技術の一部は「のびない下着」の縫製仕様やパターンに応用しています。

研究の成果は「いにしへの服学習会」や「いにしへの服ワークショップ」などの催しで発表するほか、著書の刊行も予定しています。

 

 

 

Here at Chelseasouko you can enjoy the varieties of Chelsea's unique apparel items. All the items are originally designed and sewn by Chelsea, the pattern maker.

Using natural materials such as linen, silk and wool and NO elastic materials, my works and products are designed to be friendly for our body as well as for the environment. The products with no elastics (such as polyurethane) are more durable (meaning you do not need to buy new ones so often) and do not pollute water with micro plastics every time you wash them.

All undergarments I design are comfortably loose-fit and do not disturb your physical activities.

Also, secondhand fabric items, especially antique / vintage silk KIMONOs are my favorite materials for dressmaking. I believe this upcycling helps reduce wastes and appreciate the beauty of the ancient fabrics again in a new style at the same time. For me it is more exciting to design and sew with the materials we already have in the world.

Research on ancient apparel patterns and techniques is another important work of Chelseasouko. From vintage clothing in medieval Europe to westernized dress-making in early modernized Japan, there are a lot to learn and apply to Chelseasouko's non-elasticated apparel items.

IMG_4465.JPG
IMG_3972.JPG

Who's works?  作り手について

埼玉県出身、現神戸市在住。

塾講師、プラネタリウム職員等を経て、服飾作家に。

リュック背負って海外一人旅するのが最高の息抜き。

趣味は口笛。

Born in Saitama. Now living in Kobe.

Became a pattern and dress-maker

after teaching in prep-schools and working in a planetarium.

I love backpacking alone overseas. Also love whistling.

.

経歴について、もう少し補足。

就学前から針を持ち何かしら作っていた。

外国語学部卒業後、言語だけでなく「モノ」で社会に発言・発信することに興味をもち、再び大学に入り直して建築を専攻。建築という「大きなものづくり」の研究はとても刺激的で楽しかったが、人間の活動や身体環境を念頭に立体と平面を同時に考えて設計する点で建築と服飾は共通していることに気づき、それまで趣味で続けていた下着づくり・服づくりを追究しようと思い至った

大阪と神戸のパターン学校にて本格的にパターン製作や縫製を学ぶ。

設計から材料調達、製作まで全て1人でやりたいように比較的短時間ででき、生み出したものをより多くの方に日常的に使ってもらえるのが服作りの魅力だと思っています。

My needlework started in my childhood. 

After getting a degree in foreign studies, I entered another university to study  architecture.

Why architecture? Architecture, the very physical objects, can sometimes convey the architects' intentions and messages to the public without using words. 

Studying architectural design was not only fun, but also it  meant a lot for me, because it had many similarities with my apparel designing; both require planar planning as well as three-dimensional with deep insights into human activity and environment.

However, there is a difference, too. In dressmaking the designers can engage in all processes all on their own from drawing, pattern-making, choosing materials ALL ALONE, which, in architectural designing, is not always possible. 

I liked the idea of doing creative things alone as I like, and I pursued my career  as a professional pattern and  dressmaker.