いにしへの服

中世~近世ヨーロッパや、日本の洋装化初期に作られた服飾デザインをもとに、当時の縫製技術を部分的に取り入れてつくった服。高いデザイン性と機能性を兼ね備えた古き善き衣服を、現代の日常着として使いやすい形にして世に送り出す試みです。

当時のパターンをそっくり使った完全な復刻ではありません。

性別を問わず着られるものもあります。

01(研究中)

ギャザーシャツ

19世紀後半~20世紀初頭の欧米で主に男性が着ていたシャツに近い形。ヨーク下にギャザーと太めのカフスがオシャレです。しかも動きやすく、快適そのもの。

​プルオーバー型

カッターシャツに満足できない男性はもちろんのこと、

ゆったり着たい女性にもおすすめです。

02

​アンティークなハーフパンツ

もとの型はヨーロッパの宮廷女性が大きなスカートの下に身に着けていたドロワース(下着)です。

ボタンホールも当時のやり方で手かがりしています。

ワンサイズ、男女兼用。

股上はかなり深めのデザインで、ゆったりしたサルエルパンツのようなシルエット。

​横からみるとスッキリ(写真上参照)。

着る人にもよりますが、お尻側は少しふんわりします。(写真下参照。トルソは女性9号)

ウエスト周りの調節は紐。後ろ側で結びます。

紐で調節した後はボタン(体の前側もしくは脇側)であけしめします。​ゴムは入っていません。

リネンやウール、着物用の反物で作ったものもあります。(写真は薄手のウール100%)

ボタンもビンテージ。いろいろこだわっています。

 

お手持ちの着物から仕立てることもできます。

​お問い合わせ下さい。

IMG_2790_edited.jpg
IMG_2804_edited.png

03(写真準備中)

ナイティー的ワンピース

20世紀前半くらいまで欧米女性が寝巻にしていたリネンのナイティーをもとに作ったワンピースドレス。

一枚で外に着ていけます。ポケットもついて機能的。

04(作成中)

プラナカン的カシュクール

プラナカンの上着を見よう見まねで作りつつ、それらしくありつつも別物な上着を目指しています。

着物ではないけどよくあるカシュクールともどこか違う。個性的デザインはそのままに、袖まわりを動きやすく改良中。

できあがったら写真のせます。​

※プラナカンとはマレー半島に定住した華僑のことです。その独自の衣食住様式はプラナカン文化とよばれています。