チェルシエ倉庫の
プロジェクト

​チェルシエ倉庫での研究・制作・取り組みの紹介

​詳しくは各写真をクリック☞

​のびない下着の設計・縫製研究

伸縮素材(ゴムやニット)不使用のパンツブラジャーを作っています。

のびない下着は、身体を必要以上に締めつけることもなく、また無残にのびてしまうこともなく、長持ちで快適です。​男女兼用のものもあります。

ブラジャーは、体型や体調に応じて微調整ができる特別設計。

​ノンワイヤーで、ゆったり目/サポート力しっかり目いずれにも対応する天然素材のブラを実現しました。

インド綿グレーに花の前_edited.jpg
IMG_4420.JPG

着物でつくる洋服(着物リメイク)

袖を通すことのなくなった着物に、あらたな形を。

洋服に仕立て直すことで、日々の生活に着物の美しさを取り入れることができます。

チェルシエ倉庫の着物リメイクは「着物の生地を使った洋裁」です。

着物の素材・デザインの特性を理解し、最大限に活かしつつ、あくまで洋服として美しく機能するパターンを研究しています。

FIPH7227.JPG
IMG_4420.JPG

​いにしへの服

アンティークデザイン・縫製仕様を取り入れた服の研究も行っています。

古き善き服の入念に考え抜かれたパターンと丁寧な縫製には、現代に生きる服飾作家が学ぶべき多くのことがあります。

国内外からあつめた資料や現物をもとに再現品をつくったり、その中から現代でも無理なく着られるデザインを選んで制作したりしています。

​その一部を商品化しています。

昨今のチープで短命な大量生産品に違和感のある方、ぜひご覧ください。

【いにしへの服作りワークショップメニュー②】東欧シャツを、リネンで復刻__Sewing a linen shirt by traditional methods in the pa
IMG_4420.JPG

復興につながる制作

チェルシエ倉庫では、作家として社会へどのような働きかけができるかを考えて活動したいと思っています。

 

戦争被害からの復興と生活基盤の回復をめざす地域の生産品(主に織地)をつかった制作もしています。この制作・販売を通して、生産地の人々の雇用や織物産業の継続を後押しすることができます。

そして、その地の豊かな文化の産物を、私の制作を通して広く親しんでいただくきっかけにもなります。

作家として「自分が良いと思えるもの」を研究開発&制作するのは当然のことですが、その過程で、可能な限り復興支援につなげていけたらと思っています。

IMG_3208 (2)_edited.jpg
IMG_4420.JPG